頭皮を傷めない白髪染めならサスティの利尻昆布ヘアカラートリートメント

白髪染めって髪が傷むし、頭皮にピリピリと刺激があるし、臭いし、手間がかかるし、困りますよね。
美容院で白髪染めしてもらうと楽ですが、しばらくすると生え際やこめかみから白いものが・・・
頻繁に通うと家計がたいへん。

敏感肌にもやさしい白髪染めなら、サスティ利尻昆布ヘアカラートリートメントがおすすめです。

わたしもわたしの周りの友達も使っていますが、無添加で刺激がないのに、けっこうしっかり染まるので、 「いままでの白髪染めの痛さは一体なんだったの?」なんて言っています。
利尻昆布ヘアカラートリートメント

利尻昆布ヘアカラートリートメントの使い方

利尻昆布ヘアカラートリートメント 利尻昆布ヘアカラートリートメントはシャンプーの後にトリートメントして10分ほど経ったら流すだけ。 1回で自然な色になります。
最初はちょっと染まりが足りないかな?と思ったのですが、2~3回続けるともうだいじょうぶ!

なによりもメインが利尻昆布の成分なので気持ち的にも安心です。
昆布のヌルヌル成分フコイダンが保水、アルギン酸が保湿してくれて、ミネラルもたっぷり。
利尻昆布はすごいパワーです。

さらにオタネニンジンエキスカミツレエキス、オクラエキスが頭皮に栄養を与えてくれます。

白髪を染めるための色素は天然植物由来のものばかり。
利尻昆布ヘアカラートリートメントの色素
硝酸銀、パラベンなどいままでだいたいの白髪染めに入っていた添加物は入っていません。

利尻昆布ヘアカラートリートメントは特にこんな方にオススメ!
●頭皮が敏感で荒れやすい方 ●髪が痛みやすい方
●自宅で楽に染めたい方 ●パサつきが気になる方
●一般的な白髪染めのツンとくるニオイが嫌いな方


利尻昆布ヘアカラートリートメントは白髪を染めるときの「頭皮が痛い」「髪の乾燥、パサつき、傷み」「刺激臭が苦手」などの悩みを減らすために開発されたヘアトリートメント。
天然利尻昆布をはじめ髪に良い成分を贅沢に配合されているので、内側から美しい髪へと導きます。
利尻昆布ヘアカラートリートメントの色の種類
注文は電話よりネットがお得♪

》 》 5~10分で早染め!早速見てみる

利尻昆布ヘアカラートリートメントの弱点

利尻ヘアカラートリートメントは昆布エキスや天然植物成分ばかりなので、素手で扱えます。
手が荒れることもありません。

でも、手もちょっと黒く染まりますw
特に爪のあいだが黒くなると汚れを落とすのがめんどくさいです。
初めは手袋をするといいかもしれません。

もうひとつの弱点は最初「染まりにくい」と感じること。
化学的な成分の白髪染めに比べて、ですが。
だいじょうぶです。1回目より2回目。2回目より3回目と馴染んできますから。
1回でやめてしまわず何度か使ってみてください。納得の染まり方が得られるはずです。

利尻昆布ヘアカラートリートメントは全額返金保証付き!

いまサスティは初回購入時の全額返金保証キャンペーン中です。
お試し10グラムのパウチが同封されていますので、届いたらまず本体を使わず、パウチで試してみましょう。
万が一、髪質に合わない場合は電話でサスティ(株式会社ピュール)に伝えて返送すれば返金されます。(送料は自己負担ですが)
こういう保証は安心感があっていいですね。

利尻昆布ヘアカラートリートメントはまとめ買いがオトク!

利尻ヘアカラートリートメントは1本の注文だと送料600円がかかりますが、2本セット、3本セットだと送料無料になります。
価格もそれぞれ300円引き、500円引きとなっています。
セット料金をチェックしましょう>>利尻ヘアカラートリートメント
注文は電話よりネットがお得♪

5~10分で早染め!

※ カラーの指定をお間違いなく!指定し忘れるとダークブラウンになります。

:敏感肌におすすめの白髪染め ピリピリしない・頭皮がかぶれない:

敏感肌が増えた理由

現代人には敏感肌の方が増えました。 それは肌のバリア機能がなくなったり、異常化し...

サスティの専用ブラシ&コーム

利尻ヘアカラートリートメントは肌にやさしい天然成分のため、素手で扱えるのがメリッ...

サスティのタナカプレミアムソープ

サスティの提供するタナカプレミアムソープも評判のよいアイテムです。 敏感肌やアト...

サスティの利尻こんぶ青汁

サスティでは利尻ヘアカラートリートメントの他にも利尻昆布を使った製品を開発・販売...

敏感肌にいい白髪染めってどんなかんじ?

「わたしは敏感肌」 そう感じている女性は多いです。 顔と同様に頭皮にも敏感肌はあ...

サスティで染まらない、染まりにくい方は

サスティの利尻ヘアカラートリートメントでは最初うまく染まらないという方がおられま...

敏感肌で注意するポイント

敏感肌の場合、生活態度を改善したりと回りくどい方法を取ることがいままでは多かった...
記事一覧