敏感肌にいい白髪染めってどんなかんじ?

「わたしは敏感肌」
そう感じている女性は多いです。


顔と同様に頭皮にも敏感肌はあります。
シャンプーが合わない、トリートメントが合わないなどということがよくあり、商品選びに手間がかかります。


白髪染めなどは最も影響が大きいアイテムですね。
化学的な成分の多い白髪染めを使えばたちまちかゆくなったり、荒れていたくなったりとたいへんなことに・・・。


敏感肌の中でも特に多いのは、乾燥性敏感肌です。
乾燥性敏感肌は、肌が乾燥する性質と、ちょっとした刺激でトラブルを起こしやすい性質を持っています。
敏感肌と肌の乾燥とには、非常に深い関係があり、肌が乾燥してがさがさかさかさになると、肌の防御機能が低下します。
防御機能の低下により肌にトラブルが現れ、刺激に対して弱くなってしまい、敏感肌状態になってしまうのですね。
乾燥には潤いを与えなければならず、その潤いを常に保つ必要が生じます。だから、敏感肌には保湿が大切なのです。

季節の変わり目などは影響が大きいです、
乾燥しやすい時期になると、肌がカサカサしてきます。

敏感肌ですと、ちょっとした刺激が肌荒れのもとですから、初めての白髪染めを使用する時は注意するようにします。
パッチテストは重要です。
初めちょっとだけ肌に付けてみて、痒くなったり、赤くなったり、ヒリヒリしたりしないか確認するようにします。
それで問題がないようなら、使用していきます。

また、敏感肌の人は、ストレスや体調、環境により、急に肌に変化します。
肌に合っていたはずの白髪染めが急に合わなくなることもあります。

できるなら、皮膚科で医師に相談すれば解決するかもしれません。

というわけで、頭皮の敏感肌の白髪染めには要注意です。

最近の白髪染めは自然派のものが増えてきており、染め方も髪の中へ成分を入れずにうまく染めるやりかたが主流になってきました。

サスティの利尻昆布などは髪と頭皮にいい白髪染めの代名詞になってきました。

頭皮を傷めるどころか、頭皮や髪を育ててくれるとてもたのもしいアイテムなのです!!

サスティのRKトリートメントの注文はこちらから♪

5~10分で早染め!

関連記事

  1. 敏感肌で注意するポイント
  2. サスティで染まらない、染まりにくい方は
  3. サスティの利尻こんぶ青汁
  4. サスティのタナカプレミアムソープ
  5. サスティの専用ブラシ&コーム
  6. 敏感肌が増えた理由
記事一覧